2017.07.01更新

今日は自宅での頭皮ケアの仕方をお伝えします。

 

一日を過ごすうちに頭皮は 汗 をかき、皮脂 も分泌しています。

 

それの何が問題なのか

 

毛穴が詰まる事での 薄毛 細毛

皮脂が酸化して かゆみ 臭いの原因に....

 

普通にシャンプーしても落ちにくいのが厄介なのですが

ご自宅でのケアで改善する事が出来ます。

 

 

1ブラッシング

洗う前にブラシでとかすだけで ワックスや皮脂汚れが浮きやすくなります。

強くやり過ぎると髪も頭皮も傷つくので

柔らかなブラシをお勧めします。

あ

わ わ

2予洗い

シャンプーの前にお湯で満遍なく流して下さい。

これだけでかなりの汚れを流す事が出来ます。およそ2分

 

わ

3シャンプー

ここで重要なのはどんなシャンプー剤を使うかと言う事

頭皮ケアの日には 頭皮用のシャンプーを選んであげるのがベストです。

予洗いをちゃんとしていれば 泡立ちがよくなるので もこもこの泡を立てて洗って下さい。

そしてよく流します。およそロングの方で3分

わ 

4トリートメント

トリートメントにも頭皮ケア用が存在します。

効果は育毛、保湿、血行促進などメーカーにもよって様々

ご自分のお悩みに合わせてチョイスして下さいね。

このタイミングで頭皮のマッサージも効果的です。

その後は

ぬめりが無くなるまで軽く流します。

 わ

5頭皮用化粧水

お風呂上がりのお肌には化粧水を。

頭皮もお肌も潤い大事です。

よく馴染ませ、しっかりマッサージして下さいね。

わ 

6ドライヤーでよく乾かす。

濡れたままの頭皮はとても敏感。それに体温で36~37℃の温室のような環境で

菌が繁殖しやすい状態に!

髪には洗い流さないトリートメントを付けて、しっかり乾かしましょう。

わ

 

是非参考にしてみて下さいね。

投稿者: equri目黒不動前